現代に忍び寄る、メンタルヘルスとネット依存

cafeでパソコンを見ている女性

あなたは普段、どれくらいの時間インターネットを見ていますか?
動画を見たり、SNSを使ったり、お買い物をしたり、調べものをしたり……。
スマートフォンやパソコンがあれば、いつどこでも見られるので便利ですよね。
今や生活に欠かせない存在のインターネットですが、使いすぎることでネット依存に陥り、
メンタルヘルスに悪影響を及ぼすリスクがあることがわかっているんです。

インターネットの日常化はネット依存のはじまり

「ネットの見過ぎはよくない!」と漠然と思ってはいても、
具体的にどんな悪影響を及ぼすのかあまり知られていないかもしれません。

2014年の総務省通信動向調査によると、国内のインターネット個人使用率は82.8%で、
6~12歳の世代で71.6%、
13~19歳、30~39歳で97.8%、
一番多い20~29歳では、なんと99.2%なんだとか。

また、総務省情報通信政策研究所による高校生15,191名への調査では、
平日1日あたりの平均インターネット利用時間は
パソコンで38.8分、
スマートフォンやフューチャーフォンで161.9分だったそうです。
こう見るだけでも、多くの時間をインターネットに使っているかがわかりますね。

冒頭でも述べましたが、現代はSNSやオンラインゲームなど、
インターネットを使えばいつでも簡単に人と繋がることができるようになりました。
この「いつでも簡単に」というのが極めて重要で、
いつでも利用できるということは、利用したくなればすぐに手が出せてしまい、
この手軽さが自覚なくインターネットに時間を費やしてしまう要因なのではないでしょうか。

自覚もなく続けているので、心や体に支障をきたすようなことになっても気づかない…。
ネット依存の恐ろしさがここにあるような気がします。

ネットが及ぼす悪影響とは?

パソコンとスマホの暗い影

今やインターネットでは数多くの動画が配信され、無料で楽しめたりもしますよね。
また、SNSでは自分の投稿に反響があれば嬉しくなり、逆に反響がないと落ち込んだり。
ちょっとした言葉の使い方や受け取り方次第で、炎上するなんていうこともあります。
そうすると何が起こるでしょう?

ネットから離れられなくなるんです。

何をしててもずっと気になってしまう。
簡単に触れられるだけに尚更です。

そういったインターネット依存には、主に4つの種類があるようです。

・過剰使用(時間を忘れて基本的な活動の無視と関連)
・離脱(インターネットができないことでの怒り、緊張、抑うつ状態など)
・耐性(より良い設備、ソフトウェア、より多くの時間を必要とすること)
・悪影響(口論やウソ、業績悪化、社会的孤立、疲労など)

これらは日々の生活に影を落とすものであり、
特にネット使用頻度が高い学生たちにとっては授業の出席率や進級の失敗率、
または心が不安定になり、不眠や栄養障害を起こしたり、人との対立・孤立を招く原因にもなったりしているそうです。
男子大学生では、ネット依存度が高いほど歩数の減少も認められたんだとか。

ちなみに、以下は典型的な重症例です。

ゲーム好きの小学生の男の子。
親の管理などで保たれていたゲーム時間が、中学生になって自分でスマートフォンを持ち、
友達から勧められてオンラインゲームを始めると次第にのめり込むように。
やがて食事や勉強がおろそかになり、深夜までゲームを続けるあまり朝起きられなくなり、
だんだん遅刻や欠席を繰り返すようになっていきました。

そうなると徐々に学校にも行きづらくなり、退学か転校を考えるようになってしまいます。
学校にいかない時間が増えればオンラインゲームの時間も増え、
そのうち課金をするようになり、親のクレジットカードを使って数百万を使い込む……。

まさにスマホ中毒と言っていいくらいに依存しています。
これは一例ですが、インターネットに依存することでストレスが溜まり、
不眠や体調不良などメンタルや肉体への悪影響があることがわかっています。
症状が進めばうつ状態にならないとも限りません。

以下が、具体的な症状です。

インターネット依存の主な悪影響の項目


インターネットを禁止しない「節ネット」

2015年、とある大学・短期大学部の学生138人に調査を行ったところ、
ネット依存傾向にある学生は58%だったそうです。
また、このうち「自分がネット依存しているという自覚があるか」という質問では、
「そう思う」と答えた人が65.3%、
「どちらとも言えない」が18.1%、
「そうは思わない」が16.7%との回答だったんだとか。

ネット依存傾向にあるにも関わらず、1~2割の人が自覚がないという結果に。
では、いったいどのように依存症を克服していけばいいんでしょう?

一般的に、アルコール依存や薬物依存では断酒・断薬を目標とすることが多いですが、
ネット依存の場合はインターネット禁止ではなく、
節度を持ったインターネット使用(節ネット)を目標とすることが多いそうです。

というのも、インターネットが生活必需品になっているのが大きな理由のようですね。
たとえば家庭内のネットを切断すると、連絡がつかなくなる上に他の家族も不便になってしまいます。

また、ネットを禁止にした場合の怒りや情緒不安定さが家庭内暴力へと向かわせることも少なくない点、
節ネットをしながらの社会生活を営むことが可能な場合が多い点などにおいて、
禁止にするより節制して使っていくこと望ましいようです。

専門機関への受診が大事

患者の手を握る医者

日本より早くインターネットが普及した韓国では、オンラインゲームが原因とされる死亡事故や自殺、不登校などが相次ぎ、政府を中心に

・専門相談機関の設置
・若年者に対する深夜のインターネットシャットダウン制度
・レスキュースクール(治療キャンプとその後のアフターフォロー)

などの対策を取られるようになったそうです。

日本でも、たとえば久里浜医療センターでは、2011年から「ネット依存治療研究部門」を立ち上げて診療をしています。必要に応じて身体検査(採血、心電図、骨密度、MRI、脳波、視力・体力測定など)や心理検査を行う他、

・週2回のインターネット依存者専門デイケア
・個人・集団認知行動療法
・合併精神疾患

などの治療がされているんだとか。

また、家族に対しては家族会を開き、ショートレクチャーや家族間の話し合いの場を設けたりしているようです。加えて、うつ病を合併した人には薬物治療も行われています。
薬の投与によってうつ状態が改善された事例もあるので、深刻な場合は専門機関への受診をおすすめします。

「自分はネット依存だ」と自覚できているならともかく、自覚がない場合は今一度自分を振り返ってみてください。一人では難しければ、家族や友人、身の回りの人に指摘してもらうのも手ですよ。

ネットと上手に付き合おう!

平成29年度版「情報通信白書」によると、
2010年は10%未満だったスマートフォンの世帯保有率が70%を超え、
13~19歳で81.4%、20代では94.1%にまで上っているそうです。

便利な世の中になっていく反面、メンタルヘルスや肉体への健康被害も増えているのが現状です。
かといって、インターネットが悪者というわけではありません。

いかにインターネットと上手に付き合っていけるか。
インターネットと適度な距離感を保てるか。

いつまでも健康でいられるためにも、自分を客観視する姿勢が大切なのかもしれませんね。




image: Unsplash

source:
【大学生のインターネット依存傾向と健康度および生活習慣との関連性 】 2016 年 43 巻 6 号 p. 657-664 
著者:片山友子、水野(松本)由子


【 若者のインターネット依存(<特集>現代の若者のメンタルヘルス) 】 2015 年 55 巻 12 号 p. 1343-1352 
著者:中山秀紀


【 大学生のインターネット利用動機とインターネット依存傾向の関係―自己制御および孤独感との交互作用を含めて― 】
著者:澤井智哉、福岡欣治