老夫婦

人間関係のストレス、どう対処する?〜夫婦編〜

人間関係のストレス、どう対処する?〜夫婦編〜

近年、職場や学校でのメンタルヘルス対策は多くの国が積極的に取り組むべき課題とされています。
職場や学校には数多くのストレスが存在することが広く認知されており、 様々な観点から対策の必要性が論じられています。

しかしその一方で、職場や学校よりも家庭内でストレスを感じている人も多くいます。
家事の負担や家計の問題、育児・介護、親戚付き合い、ご近所付き合いなど、家庭内で生じるストレスは多岐に渡ります。既婚者が家庭内で悩みを抱えたとき、まず相談するのは自分の夫や妻であることが多いでしょう。夫婦とは、人生の中で生じる諸問題に立ち向かうために、もっとも重要なパートナーといえます。

しかし、その夫婦関係に問題がある場合、ストレスを一人で抱え込んでしまうことになってしまうかもしれません。今回は、比較的注目される機会の少ない(しかし悩んでいる人は多い)夫婦の関係から生まれるストレスについて、考えてみましょう。

夫婦は「自分が選んだ家族」

「夫婦関係」は人生の中で生じる数々の人間関係の中でも、その成り立ちが特殊であるといえます。
たとえば親子関係の場合、子は自分の親を選ぶことはできず、親もまた、生まれてくる子供の性質や性格を選ぶことはできません。しかし、夫婦とは元は他人である者同士が出会い、双方の意志で関係を構築していくものです。つまり、誰と結婚し「夫婦」になるかということは、自分で選ぶことができるのです。

選択の余地があるということは、そこに「後悔」の余地もあるということです。
結婚前は「私にはこの人しかいない」「最高のパートナーだ」と感じた相手であっても、共に生活を送るうちに些細な不満や価値観のズレが生じ、精神的に疲弊してしまうこともあります。「こんなはずじゃなかった」「自分にはもっとふさわしい相手がいたのではないか」と結婚を後悔してしまうこともあるかもしれません。

結婚生活はストレスフル

2020年現在、日本における結婚の平均年齢は30歳前後といわれています。一方で平均寿命は女性が87歳、男性が81歳とされています。つまり離婚をしない場合、多くの既婚者にとって、結婚生活が人生の半分以上の時間を占めることになります。それほどに長きに渡る時間をともに過ごす上で、お互いに不満が生まれるのはごく自然なことです。問題は、その不満を受け入れて、夫婦関係を維持できるかという点です。

日本における離婚率は、2019年時点で36%にのぼり、結婚した夫婦のおよそ3組に1組が離婚していることがわかっています。
調査によると、離婚の原因として男女ともに最も多いのが「性格が合わないこと」。多くの夫婦が相手への不満を募らせ、ストレスに耐えかねて離婚という道を選択しているようです。

家庭内不和

足りてる?夫婦のコミュニケーション

夫婦間で大きなストレスが生まれてしまう主な原因として「コミュニケーション不全」があると考えられます。結婚前は相手の全てを肯定的に捉えることができたとしても、結婚生活を送るうちに相手の嫌な部分ばかりが目についてしまうことは珍しくありません。厄介なのは、それを相手に伝えたら摩擦を生む可能性があり、伝えなかったら自分の中で不満が蓄積されてしまう、ということです。お互いの考えを理解し、建設的なコミュニケーションを経てより良い関係を構築するのが理想ではありますが、それは口で言うほど容易いことではないでしょう。

夫婦間コミュニケーション態度の4つの特徴

良好な夫婦関係のためにはコミュニケーションが大切とはいえ、ただ会話の量が多いだけでは、健全なコミュニケーションが行われているとは言えません。

コミュニケーションにおけるお互いの態度も、関係構築には重要です。
ある研究によると、夫婦のコミュニケーションにおける態度には「共感」「威圧」「依存・接近」「回避・無視」という4つの次元が存在するとされています。このうち、「共感」や「依存・接近」といったポジティブな態度は妻に多く見られ、「威圧」や「回避・無視」といったネガティブな態度は夫に多く見られるとされています。

ポジティブなコミュニケーション態度
◯「共感」
相手に優しい言葉をかける、会話が弾むよう感情豊かに話す、など
◯「依存・接近」
嬉しいことがあると真っ先に相手に報告する、悩みごとを相手に相談する、など

ネガティブなコミュニケーション態度
◯「威圧」
日常的な会話を命令口調で行う、相手を小馬鹿にしたような言動をする、など
◯「回避・無視」
自分の意見や考えを相手に伝えない、相手の話を上の空で聞いたり、いい加減な相槌を打つ、など

「威圧」や「回避・無視」の態度によって、相手がストレスを感じてしまうことは想像に難くありません。また「依存・接近」はポジティブな態度とされていますが、疲れている時や話したい気分ではないときに相手から一方的に「依存・接近」のコミュニケーションを押し付けられると、不快に感じることもあるでしょう。

「自分の意見を相手に伝えない」といった「回避・無視」はネガティブな態度ではありますが、摩擦を避け、関係を維持する上では有効な場面もあります。とはいえ、常に自分の意見を押し殺して生活するのはストレスが溜まるもの。回避的な態度を常套手段とせずに、時には自分の意見をしっかりと相手に伝えることも大切です。自分の意見を伝える際には「共感」の態度を意識して、相手の気持ちや立場に配慮した伝え方をすると、円滑なコミュニケーションに繋がりやすいでしょう。

夫婦間のコミュニケーション不全を避けるためには、まずは自分がどのように相手に接しているかを自覚することが大切です。できるだけ威圧的な態度を避け、相手に共感する姿勢を心がけると良いでしょう。

手繋ぎ

夫婦関係のストレスを緩和するために

相手と自分の「不完全さ」を受け入れよう

夫婦とは言え、元は育った環境も経験してきたことも違う他人同士。価値観や考え方が違っているのは当然です。自分の考え方が正しいと決めつけず、相手の気持ちや立場を理解する姿勢を心がけましょう。

結婚前に恋愛をしている時期は、お互いに「相手から好かれたい」「できるだけかっこいい自分を見せたい」と努力し続けることもできるかもしれませんが、結婚して生活を共にするとなると、一切の隙を見せないように振る舞い続けるのは、非常に難しいことです。
多くの場合において、人間的に足りない部分やイヤな部分を相手に見せているのは、お互い様でしょう。自分が相手に対して不満を感じ、それを我慢し、時には許しているのと同じように、相手もそうしているのだと気づくことが大切です。

また、他者に対して求めるものが多い人(許せないことが多い人)は、ストレスを感じやすいとされています。
・空気を読めない人が嫌い
・清潔感のない人が嫌い
・仕事でミスをする人が嫌い
など、他人を批判的に評価する人は、自分に対しても批判的な目線で評価してしまい、ストレスを抱え込みやすい傾向があります。
逆に、他人の悪い部分を許容して良い部分を見つけることが得意な人は、自己肯定感も高く、ストレスに強い傾向にあるのです。

日常的にポジティブな物事に気づき、意識を向けることは、メンタルヘルスの基本です。
相手の長所や美点に気づき、意識することで多少の欠点は許容できるようになるかもしれません。

日頃からポジティブな物事を意識するには、日記をつけるという手法がオススメです。
詳しくは下の記事をご覧ください。

生活に「マインドフルネス」を取り入れよう

相手と健全なコミュニケーションをとったり、相手を受け入れる姿勢を持つためには、まずは自分自身が精神的に落ち着いた状態になる必要があります。

そのためには「マインドフルネス」と呼ばれるアプローチが効果的。
マインドフルネスとは、瞑想などのテクニックを用いてネガティブな思考や感情を抑制し、ありのままの「今」に意識を集中するという手法です。

瞑想というと、ハードルが高いと感じてしまう人もいるかもしれませんが、マインドフルネスのトレーニングには誰でも簡単に試せる手軽なものもあり、その一つが「数息観(すうそくかん)」というものです。
「数息観」は読んで字のごとく、自分自身の呼吸を数えるという瞑想法です。

リラックスした状態で自然なペースの呼吸を心がけ、息を吸って吐くまでを1回としてゆっくりと10まで数え、10までいったらまた1から数え直し、これを繰り返します。
途中で思考や刺激によって呼吸から意識がそれたら、その思考や刺激を認識したうえで、またゆっくりと呼吸に意識を戻すようにしましょう。

呼吸を数えるだけなので誰にでも実践しやすく、マインドフルネスの導入的な練習法として、様々な研究・臨床で取り入れられている方法です。
マインドフルネスについて、詳しくは下の記事をご覧ください。

リラックス

スキマ時間にストレス解消!

マインドフルネスの他にも、日常生活の中で手軽に実践できるストレス解消法はたくさんあります。
こちらのブログでは、科学的に効果が認められており、誰でも簡単に実践できるストレスケアのテクニックを多数紹介しています。

「あなたも今すぐメンタルケア!ストレス解消法」一覧

夫婦関係のストレスでイライラしたり、大きな不安を抱えて悩んでいる人は、まずはこちらのストレス解消法を試してみてはいかがでしょう。

我慢しないで相談しよう

日常生活の些細な愚痴などは、友人に話したりSNSに投稿したりして発散することもできるでしょう。
しかし、DVや夫婦間でのモラハラ、セックスレスなどの深刻な悩みを抱えている場合、自分の両親や親しい友人相手でもなかなか相談しづらいと感じてしまうかもしれません。

しかし、誰にも相談できないままストレスを溜め込んだ結果、うつ病が発症したり、離婚に発展したり、最悪の場合は刑事事件に発展してしまうケースもあります。そうなってしまっては、いずれにせよ夫婦間の問題を周囲に隠し通すことはできません。

夫婦関係が手の施しようのないほど破綻してしまう前に、勇気を出して誰かに悩みを打ち明けることが、最悪の事態を避けるための最善の方法なのかもしれません。

周囲に相談できる人がいない、または知り合いには知られたくない悩みがある場合は、カウンセラーなどの専門家を頼りましょう。

カップル

人間関係とメンタルヘルス

現代社会で生きている以上、誰もが他者と関わりを持ちながら暮らしていかなければなりません。
自分とは異なる価値観や思想、または立場や目的の違いから周囲の人との関係にストレスが生じることは、どれだけ気をつけていても避けられないことなのかもしれません。

一方で、人間関係はメンタルヘルスにおける何よりの薬であるともいえます。
ありのままの自分を開示できる友人がいるだけで日々のストレスが和らいだり、悩みを相談できる相手がいるだけで気が楽になるということもあります。その在り方ひとつで、心を摩耗させる毒にも、心を癒す薬にもなる「人間関係」はメンタルヘルスを考える上で非常に重要なテーマであると言えるでしょう。

しかし、人間関係の悩みに明確な解決法はなく、誰もが手探りで答えを探すしかありません。それでも、ほんの少し視点を変えて物事を見たり、新しい考え方を取り入れてみることで、より良い人間関係を築くためのヒントを得られるかもしれません。

Image:Unsplash
Source:
黒澤 泰,加藤 道代

夫婦間ストレス場面における関係焦点型コーピング尺度作成の試み」(発達心理学研究
2013,第24巻,第1号,66−76)

粕井 みづほ
夫婦間コミュニケーションの特徴と結婚年数による違い」(日本家政学会誌 Vol. 65 No. 2 50 ~ 56,2014)

厚生労働省
令和元年(2019) 人口動態統計の年間推計」(政府統計)