• 「給料が出たらすぐにブランド品を買ってしまうのをやめたい…」
  • 「特に欲しくないのに好きなブランドの新作が出たら買ってしまう…」
  • 「ブランド品を買うために生活に支障が出ている…」

バッグや服を始めとしたブランド品は、所有欲を満たすこともあり、熱狂的に買い漁る人が少なくありません。

経済的に余裕のある人ならまだしも、そうでない人も高級なバッグや服を買いあさり、生活が困窮してしまう人もいます。また、経済的に余裕があるといっても、購入を続ければ使い切れないほどの量のブランド品を抱えることになります。続ければ経済的に苦しくなるうえ、生活スペースも奪われてしまうでしょう。

こういった「ブランド品依存症」に陥ると、正常な判断力が欠如しメンタルヘルスにも悪影響を及ぼします。そんなブランド品依存に陥る人の心理や対策方法とはいったいどういうものなのでしょうか?

ブランド品依存症の人の心理

黒のブランドバッグ
出展:Unsplash.com

同じ白いTシャツでも、ワンポイントのブランドロゴが入るだけで値段は数倍になってしまうほど、ブランド品は高価なものとなっています。

生地やデザインが大きく異なるわけではないのに、何故ブランド品を買い漁ってしまう人がいるのでしょうか。

特徴1:優越感を感じられる

恍惚な表情の女性
出展:Unsplash.com

ブランド品を身にまとって友人と会ったり、高価なバッグの写真をSNSに投稿してリアクションをもらったりすることで、他人に対する優越感を得られることが、ブランド品を購入する一つの理由になります。

ある研究によると、優越感を得られるような行動をする人は、今までの自分の生き方や行動に劣等感を感じているケースが見られることから、ブランド品依存症の人の多くは、意識せずとも潜在的に優越感を得たいと思っていると考えられます。

特徴2:満足感を得たい

自分のTシャツを眺める男性
出展:Unsplash.com

好きなブランド品を購入することで、満足感を得たいというのもブランド品を買い漁る動機になります。

ブランド品依存症の心理としては、「新作のバッグを買うために、次のボーナスまで仕事を頑張ろう」というモチベーションにもなり得ますので、適度な購入意欲であれば問題ありませんが、度を越してしまうと自分の生活を圧迫しかねません。

特徴3:コレクター気質

レコードを選ぶ手
出展:Unsplash.com

「同じブランドロゴの製品があったら手元に置いておきたい」「使うかは分からないが新作だから買っておきたい」など、元々持っているコレクター気質がブランド品に向かってしまうことで、買いすぎに繋がってしまいます。

この場合、ブランド品を購入すること自体が目的になってしまっているので、ブランド品依存症の人は浪費癖も同時に気質として持っていることも多く、複数のブランドを跨いでコレクションするなど、自分を見失いがちになりやすいのが特徴です。

それだけでなく、コレクターの心理の一つには所有したら興味がなくなってしまうこともあり、買ったブランド品が自宅で乱雑に保管されているといった人もしばしば見られます。

ブランド品依存症の改善・克服法

資金力があり、好きなだけブランド品を買えるという人もいれば、無理にお金のやり繰りをしてブランド品を買ってしまうという人もいるでしょう。どちらにせよ、ブランド品を買いすぎないようにするための対処法は意識的に行動する以外ありません。

対処法①:趣味を見つける

ブランド品に依存してしまう人は、ブランド品を購入することに最も生きがいを感じていると考えられます。そのため、他の熱中できることを見つけられれば、ブランド品を購入する優先度を下げられる可能性が出てきます。

そこで取り組んで欲しいのが、趣味を見つけることです。

アウトドアでもインドアでもどんなものでも構いませんが、ランニングやカラオケのように、やりたい時に取り組めるような趣味であることが望ましいです。趣味に取り組むことで、意識をブランド品から遠ざけられるだけでなく、寂しさからの解放にもつながります。

ブランド品を含む何らかの買い物依存症になる人の一部には、「人間関係が希薄で、自分らしさをさらけ出す機会が少ない」という研究結果があります。日常的に自分の感情を抑制しなければならない程の孤独感を感じている時、その寂しさを埋めるため、買い物依存症になってしまいます。

趣味を見つけることは、寂しさと孤独感の解消に有効なのです。

対処法②:お金の自己管理をする

クレジットカード片手にパソコンをする手
出展:Unsplash.com

ブランド品を買いすぎてしまう人に多いのが、「自分がどれだけブランド品にお金を使っているのかを把握していない」ケースです。

クレジットカードを使ってブランド品を購入し、カードの請求が来た時に支払金額に驚き、すぐに支払えないからリボ払いにする…という流れでお金を使ってしまい、首が回らなくなってしまうという人も少なくありません。

お金の管理は日常的にクセづけることが重要です。今では入力の簡単な家計簿アプリもありますので、今日からでも取り組むことができます。依存症を克服するうえで大切なのは、自分がどれだけお金を使ってしまっているかを認識することです。お金の使いすぎを自己認知することで、お金を使ってはいけないという自分への戒めにも繋がり、ブランド品の買い控えにも繋がるでしょう。

対処法③:カウンセリングを受ける

女医
出展:Unsplash.com

ブランド品などの買い物依存症を治療するためにカウンセリングを行っている病院やクリニックがありますので、医療機関での診療を受けるのもブランド品の買いすぎを抑えることに有効です。臨床心理士や精神保健福祉士などの有資格者にカウンセリングを受けることで、自分一人で悩むよりも効果的な治療が望めます。

さらに、クリニックによっては集団療法によるブランド品依存症のメンタルケアが可能です。集団療法では、「ブランド品を買いすぎてしまうのは自分だけではない」と感じられるため、孤独にならず、仲間とともに治療を進めることができます。

医療機関に行かなくても、家でメンタルカウンセリングが受けられる!SELF MINDストアページ

適度な買い物で依存症から脱却しよう

バッグを持ったコート姿の女性
出展:Unsplash.com

ブランド品と言えば、豊かさの象徴でもあります。身につけることで優越感を感じられるだけでなく、一種のステータスとして購入されていますが、購入することそのものに捕われてしまう人もいます。

もしあなたがブランド品依存症で悩んでいたら…人生において、自分が本当に豊かだと感じられることは何か、今一度考えてみませんか?


Source:

里村卓也
負の多項分布モデルによるブランド購買行動の理解

林果林,端詰勝敬黒木伶端こずえ浅海敬子藤井悠砂川裕之坪井慶次桂川修一黒木宣夫
女性のライフサイクルと摂食障害ー過食から買い物依存へ発展し、金銭的破綻をきたした1例を通してー

藤登健一岩渕千明
劣等感が仮想敵有能感に及ぼす影響に関する研究

著者情報

SELF

北里大学医療衛生学部出身の医療系ライターを筆頭に、精神衛生やメンタルケアに特化した記事を得意とする。学術論文に基づいた記事を多く手掛けている。

著者の全ての記事を見る