「何もしたくない」
「何も考えたくない」

こんな日はありませんか?
そう、いわゆる無気力です。

疲労困憊のとき
溜まった作業を目の前にしたとき
やるべきことが多いとき
連休明け

その他、特に理由なく無気力になるときもあったりするかもしれません。無気力は、日本が高度経済成長を迎えた頃から言われてきたことです。日々活力をもって過ごしている人は別として、何もしたくない無気力な状態に直面する人は多いのではないでしょうか。

誰にでも起こりうる無気力状態。
もし無気力になってしまったら、いったいどうやって無気力と付き合っていけばいいのでしょう。

無気力に見られるスチューデント・アパシーとは?

芝生で寝てる無気力な男

この世にひとりとして同じ人間がいない以上、無気力の種類も無気力になる理由もそれぞれ違うと言っていいでしょう。さらに言えば、何に対して無気力になってしまっているのか、どういう経緯で無気力になったのかも人それぞれです。

ここで、大学生に多く見られる「スチューデント・アパシー」という無気力の症例があります。スチューデント・アパシーとは、特に原因がないにもかかわらず勉強をする気が起きなくなってしまうもので、大学生において問題になっている留年率・退学率の上昇も、スチューデント・アパシーが原因ではないかとも考えられています。

スチューデント・アパシーから引き起こされる無気力は、うつによる無気力とは種類が異なります。スチューデント・アパシーが勉強への無気力を誘引しているのに対して、うつ的な無気力は生活全体に影響するものとされています。さらに、前者の特徴に「悩まない」「悩めない」など、自分自身の問題について考えられないといった点があるのに対して、後者は自分自身の問題を考えてしまう特徴もあるのです。

白い調味料でも砂糖と塩はまるっきり別物であるのと同じように、これらは「無気力」という名前でひとくくりにされてきました。しかし現在においては、そのひとくくりにされた無気力が、スチューデント・アパシー的なものと、抑うつ的なものとにパターン分けできるという研究も行われているのです。

「何もしたくない」「意欲が低い」はひとくくりに無気力とは言えない

2003年に、大学生283人(有効数233人)を対象に行われた調査例があります。

サークルやアルバイトなどへの意欲を聞くアンケートをもとに、高意欲グループと3つの低意欲グループに分けて研究が進められました。すると、3つの低意欲グループの中でも、学業への意欲だけが低いグループとすべてのことに意欲が低いグループに分けられることがわかったのです。

さらに、学業への意欲が低いグループだけは自分の内面について考えないといったスチューデント・アパシーの特徴が見られました。このことから、学業への意欲が低いグループにはスチューデント・アパシー的な無気力の傾向があり、他の2つの低意欲グループとは違うという結論に至ったのです。

この調査には引き続き考察すべき部分がありますが、結果としてスチューデント・アパシー的な無気力と抑うつ的な無気力にパターン分けができ、ただ単に「無気力」とひとくくりにしないことが必要だと言えるでしょう。

学生だけではない、すべての人に起こりうる無気力

もう一つ、上記の調査の中で気になる点があります。

通常、ネガティブな体験をした際には、その場から逃げ出したいと思ってもおかしくありません。しかし、対人関係や娯楽への意欲が低いグループでは、ネガティブな体験をしたとき、逃げずに自分の内面について考える傾向にあることがわかっています。

もちろん、嫌なことから逃げず、困難に立ち向かう勇気や強さをもつことは素晴らしいことです。ただ、こういった人たちは誰かが差し伸べてくれた手を取ろうとせず、また娯楽にも興味が向かないため、ストレスを溜め込むことで強い抑うつ状態に陥りやすいのです。

ここで述べたのは対人関係や娯楽に興味を示さない学生への見解ですが、目まぐるしく変わる現代社会において、学生に限らずあらゆる人に当てはまる可能性があるのではないでしょうか。

無気力になったら誰かに頼ることも大事

手と手を取り合う

何もしたくない。

日常生活を送る中で、ふとそんな無気力状態に陥ることもあるでしょう。そんなときは誰かに身を委ねてみるのも手です。気分が乗らない時はどうしても考え方が偏りがちになり、ネガティブ思考に拍車がかかることが多いです。一人で考えれば考えるほど袋小路に迷い込み、ネガティブから抜け出せなくなるおそれもあります。

そうなる前に、一度誰かの話に耳を傾けてみましょう。家族や友達、仕事仲間、信頼できる人など、無気力な状態を誰かに共有することで気力を持ち直すきっかけが見つかったり、もしくは無気力であることを打ち明けるだけで心がスッキリするかもしれません。

ちなみに、今やコミュニケーションは人だけではなくAIとも取れる時代です。いつでもどこでも気兼ねなく話せる存在として、スマホアプリでAIがユーザーに寄り添った会話をしてくれます。もしも興味があれば、一度SELF MINDを試してみてください。

SELF MINDなら何気ない日常会話からユーザーを観察し、ユーザーに合った専門的なアドバイスやストレス解消法を提案してくれるので、自分を客観視する手助けとなるはずです。

無気力なときはもちろん、無気力にならないよう予防する上でも、日々のストレスケアは重要なのです。

Image:Unsplash
Source:
大学生における無気力の分類の試み
(狩野武道、津川律子。こころの健康 2008年 23 巻 2号 p. 2-10)

著者情報

SELF

北里大学医療衛生学部出身の医療系ライターを筆頭に、精神衛生やメンタルケアに特化した記事を得意とする。学術論文に基づいた記事を多く手がけている。

著者の全ての記事を見る