「コーチングが自己成長に有効だと聞いたけど、怖くて手を出していない…」
「コーチングでどんなことが出来るのか分からない…」
「仕事のストレスを軽減できる方法が知りたい…」

大学生や社会人になってから、SNSやネットなどで「コーチング」という単語を目にすることが増えてきたという人は少なくないと思います。
「コーチングでは、意識が高い人向けに、何やら怪しいことをしているのではないか」と考えてしまう人もいるかもしれませんが、それは誤りです。
実は人材開発の手法として取り入れる企業も出てきているほど、コーチングは様々な効果が期待できるのです。
この記事では、コーチングとはそもそも何なのか、どんなことに有効なのかについて解説します。

コーチングとは?

コーチングを受ける風景

コーチングとは、相手から考えや答えを引き出すような対話を通じ、目標を達成するための自発的な行動を促進させ、自己成長を支援するコミュニケーション技術のことを言います。
1950年代にアメリカでビジネス分野への有効性が話題となり、日本では2000年頃から企業・教育の分野で活用されるようになったという歴史があります。

コーチングには、国内のみならず、国際的な資格も発行されています。
ICF(国際コーチング連盟)は、2019年には約71,000人のコーチがいるという調査結果も発表しており、世界的にもメジャーな手法として有名であることが分かります。

コーチングとティーチングとの違い

コーチングに似た言葉として、ティーチングというものがあります。
それぞれの大きな違いは、会話の目的になります。
コーチングの目的が「双方向の対話の中で相手からの考えや答えを引き出す」ことであるのに対し、ティーチングは「一方的に知識やノウハウを相手に伝える」こととなっています。

どちらもメリット・デメリットがありますが、個人のフォローや才能を引き出すためにはコーチング、学習や研修にはティーチングと、それぞれを組み合わせながら能力開発に用いることで、最大限の成長を促すことが期待できます。

コーチングを受けるべき人の特徴

コーチングを受けることで、今の自分にはない答えが見つかるかもしれません。
以下の項目のいずれかに当てはまる人は、コーチングを受けることで何らかの気づきを得られるでしょう。

今の状況をどうにかして変えていきたいと考えている人

人間関係やキャリアプラン、恋愛や勉学など、悩みの種類や深さは人それぞれ異なります。
今の現状を変えたいと感じているものの、何から取り組めばいいか分からないという人もコーチングの受講をおすすめします。
逆に、現在の生活に満足していて、特に変化を求めていない人がコーチングを受けても、何も生み出さない時間となってしまうことから、おすすめしません。

ストレスを感じている人

職場や学校でストレスを感じ、落ち込んでしまったメンタルを回復させたい人はコーチングを受けることをおすすめします。
ある大学の研究によると、コーチングがストレスの軽減に有効であるという結果も出ています。
ストレスだと感じている要素を見つけ、それに対して前向きな行動を起こす、といった、メンタル回復までの一連の流れを、コーチングを通じて取り組めるのです。

コーチングを受けるメリット

図解してくれるコーチ

コーチングでは、ただ解決策を教えてもらうだけでなく、自身の考えを引き出せますので、主体的かつ能動的な思考が得られます。
具体的には、次のようなメリットがあります。

物事を自主的に解決する力が付く

コーチングでは、「自分の中に眠っている答え」を引き出していく対話を行います。
そのため、対話の中で、「自分は何を問題だと感じていて、どのようにしていきたいのか」、「解決(達成)するためにはどのように計画立てて行動すればいいのか」といった思考を幾度となく行うことになります。
これにより、何か課題と向き合った時、誰かがどうにかしてくれるという受動的思考から、自分が解決していくという主体的な行動を取るようにマインドが変化するというメリットがあります。

コミュニケーションスキルが向上する

コミュニケーションスキルは、どの職業に就いていても重要視される能力の一つです。
コーチングを受けると、自然と対話を繰り返すことになりますので、コミュニケーションスキルの向上が期待できます。

それだけでなく、「相手が何を思ってその発言をしているのか」といった、発言の意図を汲み取った上で会話する能力も養えますので、ビジネスマンとしての成長にも繋がるかもしれません。

「ゾーン」に入り、最大限のパフォーマンス発揮ができる

「ゾーン」とは、感覚が研ぎ澄まされ、対峙する物事以外の雑念を取り払っている超集中状態のことをいいます。
一般的にスポーツの世界で使われることの多い言葉ですが、ビジネスや学業においてもゾーンは存在します。

コーチングに集中して取り組むと、課題達成に至るための流れに気づくことができ、結果として「成功するイメージ」が醸成されます。
このように、ポジティブな思考を継続させることで、ゾーンに入り、どんなものにも最大限のパフォーマンスを発揮させられるようになります。

また、ポジティブ思考が続くようになりますので、考えすぎてしまってメンタルが落ち込むといった課題も解決され、メンタルヘルスケアにも有効であると考えられます。

どうやったらコーチングを受けられる?

多くのメリットがあるコーチングの受講ですが、そもそもどのようにコーチングを受けられるのでしょうか。
コーチングは、コーチを選ぶことから始まります。
コーチングを提供している会社のホームページだけでなく、スキル販売を行なっているマッチングサイトなどでコーチを検索できますので、「話しやすそうな人」「コーチング実績が自分の悩みに近い」といった観点で選ぶようにしましょう。

また、コーチングの方法はオフラインでもオンラインでも可能としている場合が多いですが、念の為コーチに確認することをおすすめします。
他にも、料金や回数などはコーチによって様々ですので、自分がコーチング受講に集中できるようなコーチを見つけるようにしてください。

AIがメンタルコーチング?「SELF MIND」ストアページ

コーチングを活用し、自分と向き合いましょう

コーチングを受けるべき人や、メリットについて解説しましたが、実際に受けてみないとその効果は分からないかもしれません。
コーチによっては、「おためしコーチング」と称して、トライアル価格でコーチングを提供していることもありますので、まずは試してみるというスタンスで臨んでもいいでしょう。
悩みを自分1人で抱え込んでしまうと、メンタルの病気にかかってしまうこともあります。
コーチングを活用し、自分も知らない自分と向き合ってみてはいかがでしょうか?

Image:Unsplash
Source:
松田輝美,津田彰
日本語教師を対象にしたメンタルヘルス対策としてのコーチングの実践

Tagged in:

著者情報

SELF

北里大学医療衛生学部出身の医療系ライターを筆頭に、精神衛生やメンタルケアに特化した記事を得意とする。学術論文に基づいた記事を多く手掛けている。

著者の全ての記事を見る