自尊心が高いと難しい?自分をさらけ出すことの難しさ

顔を覆う女性

なんだか友人関係が上手くいっていないな、という時、他の友達に相談することはありますか?

時にはアドバイスをもらえたり、ただ悩んで苦しんでいることを聞いてもらえるだけでも心の曇りがちょっと晴れたりします。

でも、困っているときに明け透けにそれらを話すことには少し抵抗があるという人も多いのではないでしょうか。恥ずかしさから、弱みを見せたくないから…理由はさまざまだと思います。

実は、自尊心の高い人とそうでない人で、自己開示ができない理由が異なっているという研究発表があるのです。

弱みを晒すことのメリット

なかなか手放しには行えない「弱みを晒す」行為ですが、思い切ってそれを行うことにはいくつかのメリットがあるようです。

苦境に立った時、イライラしたりなんだか落ち着かない気分になる、ということは多いですよね。さらにひどくなると、体が重たい、お腹が痛い、といった身体症状に現れることも。

この時、その困った事象や、自分の辛い気持ちについて他人に話すと、抑うつ状態や体に現れている症状が軽くなることがわかっています。そして「悩みを人が聞いて、認めてくれた」という事実は、自己価値観を高め、孤独感を減らします。また、生じていた不安感も、同意を得られたり、適切なアドバイスがもらえた時には薄れていき、次のアクションが取りやすくなるものです。

そして、嫌なことがあった時、人は誰かに話したいという強い衝動を抱きます。この感情も、人に吐露することで満足することができるという側面があるようです。

ここまでのメリットがあっても、どうしても他人に話せないという気持ちが起きたりするのはなぜでしょうか。

胸の内が話せない3つの理由

他者に苦しい胸の内を話すとき、意識的にしろ、無意識にしろいくつかの悪い予測がよぎるときがあります。

1)「弱点を晒すことで、相手に対する相対的な位置が下がってしまう」という気持ち
自身が傷つけられるような存在であることや、悩み苦しむ立場にいる、という弱みをさらけ出すことに抵抗がある人も多いかもしれません。

2)「人から疎まれるのではないか」という気持ち
不満や愚痴を頻繁に聞いていると、気持ちが滅入ってくるものです。あまりにもそれが続くと、関係が破綻してしまうことも。大切な友人関係や、家族との信頼関係が壊れてしまうことを恐れ、話せないという心情は特別珍しいものでもありません。

3)「人に話すことで嫌なことを思い出し、また傷ついてしまう」という気持ち
悩み事は、何度も思い出すことで意外と楽になる時もあれば、思い出すだけで腹が立つ、とてもつらい気持ちになる、という時もあります。事と状況次第によって、色々な精神状態となるものです。

自己開示ができないことと、自尊心の高低

自尊心の高い人と、自尊心の低い人。自覚の有無にかかわらず、人には心のうちに秘められた「自尊心」の高低があります。
この自尊心の高さは、自分の弱みをさらけ出すことに対する意識の違いにも大きく影響してきます。

嫌なことがあった時、自尊心の高い人より、自尊心の低い人の方がより悪影響を受けるのは、自分の価値を高めることのできる心や経験の拠り所が少ないためだと考察されています。自信をなくすようなことがあった時でも、「でも他にも楽しいことはあるし」「自分には別のいいところがあるし」と思える人は、その経験に拘泥せずに比較的気楽な気持ちでいられます。逆に、自尊心の低い人は、その経験で自分の価値が決まってしまうと思い込んでしまうと言えるでしょう。

よって、自尊心の高い人たちは、嫌な経験での傷は比較的浅いと考えられます。わざわざ不快な経験について、心を癒すためだけに他者に共有する必要性も薄く、先に述べた「弱点を晒すことで、相手に対する相対的な位置を下げたくない」「人から疎まれたくない」という

自身についての悪い印象を他者に与えないようにしたい

という《印象の管理》の側面から、人に弱みを見せることを避けるようです。

逆に、自尊心の低い人たちにとっての嫌な経験は、自分の価値を大きく揺るがす大事件です。自尊心の低い人たちは、ひとつひとつの辛い経験が大きな傷となり、だんだんと傷つくこと自体を恐れるようになっていきます。自尊心の高い人たちと違い、

思い出すだけでまた傷ついてしまうのを避けたい

という《自身への悪影響》の側面から、苦しい胸の内を人に明かすことを避けてしまう傾向があるようです。

思い悩む状況になった時、誰かに相談したり愚痴を言うことにはそれなりのリスクがあると考えてしまいます。
でも、誰にも言えず、何もかもが嫌になってしまう前に、人に頼るのは全く悪い選択ではありません。

ただ愚痴や悩みを話すのに抵抗があるという人はまずノートに書き出して要点を整理し、自分が何に怒りや悲しみを覚えているのか、どういう部分でアドバイスを求めているのかを可視化してみるのもおすすめです。どうしてもそれについて話せる相手がいない、という人でも、可視化することでそれらを冷静に分析することができます。日記のつけられるアプリを使うと、電車や出先でもそれらをメモすることができるので便利かもしれません。

心のうちに抱えた悩みを整理して、毎日スッキリと過ごせるようになりたいですね。


Image:Unsplash
Source:
否定的内容の自己開示への抵抗感 と自尊心の関連(片山 美由紀,心理学研究/67 巻 (1996-1997) 5 号)