「着こなしは、生き方だ」

これはフランスのファッションデザイナー、イブ・サンローランの言葉です。
ココ・シャネルやクリスチャン・ディオールと共に20世紀のフランスのファッション業界をリードし、「モードの帝王」と呼ばれたサン・ローラン。独創的かつ想像力にあふれた衣服を数々デザインし、没後も彼の名前はブランド名として残り、今もなお人々を魅了し続けています。

近年、服装と心理効果についての研究が進んでいます。
ファッションに興味がある人やオシャレをしたい人はたくさんいると思いますが、その多くは女性であることが統計上わかっています。

なぜ男性は、ファッションにうとい傾向にあるのでしょう?

その疑問を解いていく中で、ファッションがもたらす心理効果について少しみていきたいと思います。

ファッションは女性のもの?めんどくさがる男性たち

道を歩く男性

昔は、オシャレというと女性がするものという風潮が強かったそうです。

なので、男性が眉を剃ったり、香水をつけたり、メークをするというのはタブーな雰囲気だったようですが、今ではそんな風潮も薄れ、男性でもファッションに気を配る人が多くなってきています。

とはいえ、衣服にかけるお金は現状、男女で大きな差があるようです。

1カ月の衣服の購入金額についての調査では、
最も高い「2万円以上」は、女性の方が男性よりも約3倍多く、逆に最も低い「5千円未満」は、男性の方が女性よりも割合が多かったんだとか。

加えて、女性の多くは、ファッションにおける基準が

「流行りの色やデザインだから」
「目的や場所を変えて服を選ぶ」
「着心地が良い」

というように、服装には流行や社会的規範、機能性を重要視しているようです。

これに対して男性は、ファッションへの関心がない、もしくは消極的な傾向にあるようです。「ファッションにこだわるなんて男らしくない」「服にお金をかけたくない」など、ネガティブな思考を持っている人が多いというのが現状です。

もちろん、男性の中にも身だしなみにこだわりを持つ人はいます。特に30歳代以降の中高年世代より20歳代の方がファッションへの関心が高く、そういった若者の多くは流行や個人的嗜好を楽しんでいるそうです。

「モテたい!」から、だんだん安心感を求めるように

ここで、服装によっていったいどういう満足感を得られるのか見てみましょう。

首都圏に住む20歳~64歳の男性1279名(学生以外)を対象に、装いの心理的効用について因子分析した結果があります。

ファッションによって心理効果が出る、またはファッションにこだわる目的を調査したところ、大きく3つの要素に分類できるそうです。

・アピール(やる気が起きる、自信が湧く等)
・安心感(リラックスできる、心が落ち着く等)
・気合い(異性へのアピール、個性の強調等)

以上3点において、年代別、また仕事時とプライベート時で差をグラフにしてみました。


「アピール」 については、全年代で仕事時よりもプライベートで効用感が大きいようです。
「安心感」についても、プライベート時の方が効用感が大きいですが、仕事・プライベート両面で年代が上がるにつれて効用感が大きくなっています。
逆に「気合い」については、プライベートよりも仕事時において効用感が大きく、またどちらの場面においても若年層の方が効用感が大きいことがわかりました。

以上をふまえて考察すると、

若い世代は、異性にモテたいと意識する傾向にあるため、積極的に自分を表現するひとつの手段としてファッションをとらえているようです。加えて、 新しい環境に身を置くことが多い若者は、気合いを入れるためのツールとして考えている人も少なくないと言えそうです。

しかし仕事場面では、服装による自己アピールがよしとされないことも多く、さらにオシャレのバリエーションも制限されるため、アピールの効用が低いと考察されます。

一方、歳を重ね、伴侶も得て、仕事やライフスタイルが安定してくると、気合いを入れる必要が少なくなり、その結果身だしなみに効用を求めなくなると考えられます。また、年齢が高くなるにつれて落ち着いた生活を好むようになるため、服装にも安心感を求めるようになっていくのではないでしょうか。

性格や思考は、身だしなみに出る

もうひとつ、性格とファッションについて見てみましょう。

ファッションの心理的機能として、自分自身を確認し、強め、変えるというような「自己の確認・強化・変容」と、他者に何かを伝えるという「情報伝達」があるそうです。

公的自己意識(容姿や振る舞いなど、他者から観察可能な自己意識)の強い人はオシャレに積極的で、自尊感情が高い人は外見に対する関心も高く、目立つ服装を好む傾向にあるんだとか。

これはつまり、往々にして外交的な性格の人は内向的な人に比べ、男女ともにファッションへの関心が高いと言えます。

ちなみにこの理論は、外回りの営業マンなどに応用することが出来ます。

スーツやシャツ、靴、ネクタイをオシャレのポイントにすることで、その身だしなみは商談相手に好印象を与える武器になりえます。外交的に、いろんな人とコミュニケーションを取っていける人にとって、身だしなみを工夫することはひとつの「作戦」と言っていいのではないでしょうか。

https://selfmind.ai/ja/blog/%e8%89%b2%e3%81%8c%e6%8c%81%e3%81%a4%e5%bf%83%e7%90%86%e7%9a%84%e5%8a%b9%e6%9e%9c%e3%81%a3%e3%81%a6%e4%bd%95%ef%bc%9f%e8%89%b2%e5%bd%a9%e5%bf%83%e7%90%86%e5%ad%a6%e3%81%a8%e3%81%af/

できる範囲で「オシャレ」を

腕時計を触るスーツの男

いかがでしたか?

このように、ファッションや身だしなみは少なからず私たちのメンタルを左右しています。

ここでは男性を例に見てきましたが、女性はより感覚が繊細で、ファッションに気を配るポイントも多岐に渡るようです。また、女性は男性と違い、高齢になってもファッションへ興味を持ち続ける人が多いことがわかっています。

60歳代の女性は30歳代の女性に比べて、個人的嗜好を大事にする傾向にあるようです。これは、高齢になって流行への関心は薄れていくものの、ファッションへの興味や、服装を通じた自分らしさ表現には高い意識を持っていると言えるでしょう。

「着こなしは、生き方だ」という言葉通り、ファッションや身だしなみはアイデンティティのひとつです。

ということは、着こなしを変えれば人生が変わるかもしれません。

「気分転換したい」
「今までの自分を変えたい」
「好きを追求したい」

などなど、出来る範囲でファッションに向き合ってみてください。
着こなしによって、あなたの日常が少しでも明るくなれば幸いです。


image:Unsplash
source:

【男性における装いのこだわりと心理的効用および価値観 -青年期から成人期にかけてー 】
鈴木公啓(東京未来大学こども心理学部)
菅原健介(聖心女子大学文学部)
西池紀子(株式会社ワコール)
藤本真穂(株式会社ジャパンライフデザインシステムズ)
【ファッションへの関心と着装行動に関する基礎的調査研究:性別、年齢、主観的経済状況、性格による差の検討】(ファッションビジネス学会論文誌17(2012-03)pp.129-137)
安永明智、野口京子

著者情報

SELF

北里大学医療衛生学部出身の医療系ライターを筆頭に、精神衛生やメンタルケアに特化した記事を得意とする。学術論文に基づいた記事を多く手がけている。

著者の全ての記事を見る