デスクの植物で眠気対策!オフィスの緑化がもたらすメリット

観葉植物
オフィス緑化

オフィスの隅にドンと置かれた大きな観葉植物。
デスクの上にちょこんと置かれている小さな鉢植え。

いろいろな職場で活躍している植物たちですが、「なんとなーく癒される気がする」という印象を持っている方も多いはず。
オフィスの植物は、実際に疲労軽減の効果があることが明らかになっています。

光を遮っているのに明るい?

窓際についたてやロッカーを置いて遮光した場合と、植物を置いて遮光した場合の印象の違いについて調べた実験があります。

不思議なことに、窓際に植物を置いた場合は室内の明るさが低下したにも関わらず「明るい」という感覚を得るという結果が出ています。

ついたてなどを置いた場合には「暗い」という印象がはっきり出ることから、植物を置くことには心理的な明るさを呼び起こす効果があるのではないかと分析されています。

小さな植物に秘められた眠気対策の効果

机の上のスペースに余裕があり、植物を飾っているという人がいるのではないでしょうか。

植物の視覚刺激について調べた実験で、参加者の前方に大きな植物を置いた場合と、小さな植物を置いた場合、そして何も置かなかった場合の、クレペリン作業後の主観的な疲労について評価が行われています。

その結果、大きい植物にも小さい植物にも、何もない状態よりも明確にリラックス効果があるということが判明しました。
また、「眠たい」という項目については、小さい植物の方がより眠気を抑える効果があるようです。

理由として、作業中も休憩中も小さな植物のことを参加者たちはより多く視認しているため、植物による明るい印象などの影響を強く受けることが考えられそうです。

植物によって印象が違う

様々な観葉植物

葉がツンツンしていたり丸かったり、色味も緑色から赤色の混じったものまで、さまざまな観葉植物が存在します。
好みは人によって色々ですが、見たときに受ける印象は、意外と共通なものもあったりします。

たくさんの種類の植物を用意し、102人の大学生にそれらを見たときの印象の評価を聞いた実験があります。
その中で、室内に置きたい植物として多数に評価されたのが、
・ベンジャミン
・マッサンギアナ
・ゴールドクレスト
でした。
これらに感じる雰囲気として、「高級」「爽やか」「心が落ち着く」などが挙げられています。

逆に、置くとちょっと落ち着かなそうな植物としては、
・アケボノクロトン
が選ばれています。
感じる雰囲気としては「冷たい」や「緊張感」が挙げられています。
赤い葉の面積の多い植物なので、緑色の持つ心を落ち着かせる効果があまり発揮されていないのかもしれません。

疲れた時には、オフィスに置かれた観葉植物を眺めてぼーっとしてみると、疲労が軽減されるかもしれません。
あるいは机の上でちょっとした緑を育てて、その成長を楽しむのはいかがでしょうか。


Image:Unsplash
Source:
観葉植物の印象の評価, および, 観葉植物を配置した室内の居住者心理のSD法による評定(浅海 英記仁科 弘重難波 亮子増井 典良橋本 康 植物工場学会誌/7 巻 (1995) 1 号

作業室内の小型および大型植物が作業者の心理に及ぼす影響の比較検討(長谷川 祥子下村 孝 日本緑化工学会誌/36 巻 (2010) 1 号