怒り

イラっとする時のストレス解消法…見返しと仕返しの心理学

イラっとする時のストレス解消法…見返しと仕返しの心理学

あなたは嫌味を言われたことはありますか?

職場、学校、親族、友人関係……
ひどい仕打ちを受けた時や、腹の立つことを言われた時、ひょっとしたらこう思うこともあるでしょう。

「いつか見返してやる」
「仕返ししてやろう」

どちらも怒りの感情から来るものですが、実は心理学的に「見返す」と「仕返し」には違いがあります。ここでは2つの言葉の違いと対処法について、少し見ていきたいと思います。

イラっとすることがあったときに、怒ることのメリットって?

怒る男

一般的には、「怒るのはよくない」とされています。

現に医学的な観点から見ると、怒りの感情は血圧を上昇させ、動脈や心臓など循環器系の病気の危険性を高めると言われています。また、イラっとする出来事によりつい怒ってしまったという場合、自尊感情が損なわれ自らの評価が下がってしまうという研究結果もあります。

しかし、怒ることがメリットとなるケースもあります。アメリカのマサチューセッツ大学が行なった怒りとその反応に関する研究によると、怒りを抱える人々は自分にとって望ましい形に問題を解決する傾向があることがわかっています。

例えば、しつけの厳しい親の下で暮らす子供が、親と激しく口論することによって門限を変えさせるといった事例があります。これは、相手から怒りの感情を感じ取ったことによって相手の発言をより聞くようになったと考えられます。また、自分もより正直に発言するようになり、譲歩する態度を示そうとすることで一つの着地点を得たと言えるのではないでしょうか。

見返しと仕返しについての実験

さて、「見返す」と「仕返し」の話に戻ります。

見返す、という言葉は

見下された仕返しとして、りっぱになって相手に見せつける。

岩波国語辞典

仕返し、という言葉は

嫌なことをしてきた相手に、嫌がることをしてかえすこと。

岩波国語辞典

と定義されています。
この2つについて、嫌なことがあった後に考えることで、怒りの感情をどれだけ減らすか、自尊感情をどの程度回復するのかについて大学生・大学院生を対象に調べた実験があります。

対象者には、部活の最中に他の部員にいやなことを言われ、笑いながら立ち去られたという仮定で、

①見返してやろうと考えて、今までにも増して練習に取り組み、時間を忘れるほど集中した後帰宅した(見返し対処群)
②同じ目に合わせてやろうと思い、その部員のそばを通り過ぎる時同じことを言って立ち去った(仕返し対処群)

という行動をとった場面をイメージしてもらい、怒り感情と自尊感情について、嫌なことがあった直後とどのように変化があるのかについて調査したところ、以下の図のような結果が得られました。

大きくわかったのは2点です。

①見返し対処群の場合には怒り感情が低下、そして下がっていた自尊感情が上昇した
②仕返し対処群の場合には怒り感情は①よりも大きく低下、しかし自尊感情はさらに下がった

心理として、仕返しの気持ちよりも見返すという気持ちでいる方が感情を落ち着かせやすく、モチベーションにつながると言えるでしょう。

これは、感情を向けるベクトルの違いでもあります。「仕返し」は相手への怒りの感情のみですが、「見返す」は主に気持ちの対象が自分へ向いています。悔しさをバネに自分を高めるという点で、見返しの心理は仕返しよりも有益であると言えそうです。

その場から怒って立ち去るのではなく、「見返し」の気持ちでモチベーションへ変えよう

突き上げる拳

このように、見返しと仕返しは似たような言葉ではありますが意味が大きく違っています。

まとめると、見返しとは「どうすればいいか考え、努力する」という行動につながり、モチベーションとなります。

<見返しの心理>
・怒りの経験を客観的なものとして受け止めるというプロセスがある点
・肯定的な他者評価に繋がる可能性もある点

これに対し、仕返しとは怒りは収まるものの自尊感情の低下を招き、コミュニケーションがうまく取れないことによる人間関係の悪化が懸念されます。

<仕返しの心理>
・「カタルシス効果」により怒りの感情が下がる点
・他人を攻撃してしまった自責の念から、自尊感情が下がる点

怒りの感情は誰もが持っているものです。
大事なのは、怒りをコントロールして上手に付き合っていくことです。しかし、自分の感情をコントロールするには、日々自分自身と向き合っていなければならず、コツコツと積み重ねていく他ありません。

「めんどくさい」
「自分と向き合うとかよくわからない」

そう思ったあなたには、SELF MINDをオススメします。

人間の代わりにAIが「カウンセラー」となり、日々のストレスを解消してくれるというスマホアプリです。何気ない日常会話からユーザーを観察し、ユーザーに合った専門的なアドバイスやストレス解消法を提案してくれるので、自分を客観視する手助けとなるはずです。

仕返しはすぐにできてスカッとするかもしれませんがグッと我慢。

一歩先を見据え、目先の怒りを乗り越えることが健やかな生活への近道なのではないでしょうか。


Image:Unsplash
Source:
怒り感情生起後の対処としての見返しと仕返し(関屋 裕希, 小玉 正博 健康心理学研究 25 巻 (2012) 2 号)

AUTHOR

SELF

北里大学医療衛生学部出身の医療系ライターを筆頭に、精神衛生やメンタルケアに特化した記事を得意とする。学術論文に基づいた記事を多く手がけている。