二人で歩く

ウォーキングの習慣化は最高のメンタルヘルスケア?

ウォーキングの習慣化は最高のメンタルヘルスケア?

「毎日仕事でストレスが溜まってしまう…」
「家にいる時間が長くて気分が滅入る…」
「趣味がなく休日に何もしていない自分に嫌気がしてしまう…」

会社員の方だと、平日は朝起きて会社に行き、仕事が終わったら帰宅してテレビを見て寝る。
休日は遅くに起きてダラダラと過ごして1日を終えるということも珍しくありません。

このような自堕落な生活を続けていると、生活にメリハリが無くなってしまい、メンタルも落ち込んでしまいがちになります。
そんな状況のメンタルヘルスケアに有効になるのが「ウォーキングの習慣化」です。

この記事では、ウォーキングの習慣化によるメリットや、習慣化のためのコツについて解説します。

習慣とは?

習慣

習慣とは「繰り返し経験することによって身につき、同じような状況で用意に再現される行動の様式、およびそれを準備する感じ方、考え方」と定義できます。

これは、「特定の物事に対し、無理せずとも継続的に取り組める状態である」と言い換えることができるでしょう。

習慣化に悩んでしまう理由

例えば今までフットサルをしてこなかったような方が、フットサルを習慣化させるためには、技術の習得だけでなく、道具の準備、フットサル場の手配など様々な障害を乗り越えなければなりません。
このように、いつでもどこでもできないもの・コトについては習慣化させることが難しいのです。

その他にも、特定の行動を習慣化させづらくなる要素はいくつかあります。

・楽しくないと感じる
・集中力が続かず、すぐに別のことを取り組んでしまう
・終わりが見えず、続ける意義を見いだせない
・わざわざ時間を取る為のメリットがない

このような点を一度でも感じてしまうと、多くの方は物事の習慣化が続かなくなり、結果として失敗に繋がってしまいます。

ウォーキングの習慣化が与えるメンタルへのメリット

1人で歩く

道具や場所の確保をせずに始められるウォーキングは、誰でもすぐに取り組むことができます。
ウォーキングを習慣化させることにより、次のようなメリットがあります。

気分転換になる

1点目は「気分転換になる」ことです。
大学の研究によると、運動をすることは年代・性別間で共通して「楽しいと思う」、「精神的ストレスの解消や集中力が付く」という効果が期待できるとされています。

スマホを見ながら歩いていると見ることができない景色を、見ながら歩くことで考え事がクリアになったり、今まで気づいていなかった発見ができますので、気分転換になるでしょう。

同じコースで出会う仲間ができる

2点目は「人との繋がりができる」ことです。
ウォーキングをある程度習慣化させると、同じ時間帯でよく出会うウォーキング仲間ができることがあります。
同じ目的の仲間ができることで、より習慣化がしやすくなるだけでなく、挨拶を通じて気分が明るくなり、メンタルにもいい影響を与えてくれます。

スタイルが良くなり、自分に自信がつく

3点目は「自分に自信がつく」ということです。
ウォーキングは立派な運動の1つですので、カロリー消費によるダイエット効果が期待できます。
中々外に出られない状況から太ってしまい、太ってしまった自分の姿を他の人に見られることにストレスを感じている方も少なくないでしょう。
ウォーキングにより健康的なスタイルを手に入れ、自分に自信をつけることで、弱まっているメンタルを高めることができるでしょう。

ウォーキングを習慣化させるコツ

みんなで歩く

ウォーキングのメリットは理解できたとしても、日常的に運動をしていない方にとっては習慣化できない場合があります。
ここからは、運動が苦手な方がウォーキングを習慣化させるためのコツについて解説します。

何が何でも継続させると自分を追い込まない

「目的」は持ちつつも、「目標」を持ちすぎず気軽に取り組むようにしましょう。

ウォーキングに限らず、何か物事を習慣化させようとする際には、目的が重要になります。
ウォーキングであれば、「気分転換や人間関係の交流を経て、メンタルヘルスケアに繋げたい」のか、「スタイル改善に繋げて自分に自信を持ちたい」のかによって、歩くコースやスピード、方法も変わります。

一方、「毎日何時間・何キロ以上必ず歩く」といった具体的な目標を最初から設定してしまわないようにしましょう。
最初から高い目標を立ててしまうと、自分のメンタルを追い詰めることに繋がってしまい、習慣化に失敗しかねません。
最初は、「歩くことを楽しんでみる」程度のスモールスタートに留めることで、無理なくウォーキングに取り組めます。

仲間と一緒に取り組む

ウォーキングの習慣化のためには、仲間と一緒に取り組むことが有効です。
ウォーキングは1人ですぐに始められる点が魅力ですが、同時に1人であることで楽しさを感じられず、習慣化に失敗してしまう可能性があります。

仲間をつくってウォーキングに取り組むことで、マンネリ化を防ぐことはもちろん、正しいウォーキング方法を習得できるため、無理ない習慣化が期待できます。

他にも、運動をしながら他の人とコミュニケーションを取ることで、気分が明るくなり、「また今度もウォーキングをしよう」というマインドセットが可能になります。

メンタルのためにもウォーキングを習慣化させよう

メンタルの落ち込みに悩んでいる方は、ウォーキングを習慣化させることがおすすめですが、どんな人でもいきなりできる訳ではありません。
運動が苦手だと、それだけで習慣化は難しくなってしまいます。
ウォーキングに限らず、物事を習慣化させるためには、メリットを理解することに加え、しっかりと目的を持つこと、何人かで取り組むことが重要です。

ウォーキングを習慣化させ、メンタルヘルスの改善に向き合ってみてはいかがでしょうか。

Image:Unsplash
Source:
宮本真巳
心の健康と生活習慣ー精神機能障害としての生活習慣病ー
小原史郎,松下智之
運動・スポーツの習慣化・継続化に関する調査研究
泉嗣彦
ライフスタイル改善への行動分析学の応用ー運動習慣(ウォーキング)の形成についてー

AUTHOR

SELF

北里大学医療衛生学部出身の医療系ライターを筆頭に、精神衛生やメンタルケアに特化した記事を得意とする。学術論文に基づいた記事を多く手がけている。