あなたも今すぐメンタルケア!「ポジティブ・メモリーズ」とは

ポジティブメモリーズ

「今すぐにでもストレスを解消したい!」
そう思いながらも、どう対処していいかわからず、日々のストレスをなんとなくやり過ごしていませんか?

イライラや不安などのネガティブな感情からくるストレスを放置すると、やがて心身に深刻なストレス反応を引き起こし、場合によっては「うつ病」などの精神疾患に至ってしまうこともあります。そうならないためには、ストレスを感じた時、可能なかぎり速やかにそのストレスを解消することが重要となるのです。

今回は、メンタルヘルスへの効果が科学的に実証されていて、手軽に実践できるストレスケアのテクニックを紹介します。
その名も「ポジティブ・メモリーズ」です。

たった14秒でストレスが消える?

「ポジティブ・メモリーズ」は、アメリカのラトガース大学が編み出した方法で、ストレスに対して即効性の高い対処法とされています。
そのやり方はきわめてシンプルで、過去の良い思い出を14秒間思い出すだけ。
実験では、たったこれだけの方法で、被験者の気分がだんだんよくなり、ストレスが低減したことがわかりました。

さらにこの実験では、「ポジティブ・メモリーズ」を実践したグループの「コルチゾール」の分泌が抑制されたことがわかったのです。
「コルチゾール」はストレスホルモンとも呼ばれ、人が心身にストレスを感じた際に分泌されるホルモンの一種です。
このホルモンの抑制が確認されたということは、「ポジティブ・メモリーズ」を行うことが単に気分をよくするだけでなく、生理学的にもストレスを軽減する効果があると実証されたことになります。

「ポジティブ・メモリーズ」で思い出す過去の出来事は、自分がいい気分になるものならなんでも構いません。
仕事や趣味で成功した体験、楽しかった旅行、人に言われて嬉しかったことなど……自分にとってポジティブな思い出であれば、どんなことでも良いのです。

良い思い出をストックしておく

日々の生活の中で、ストレスを感じること自体は悪いことではありません。問題となるのは、受けたストレスに対処せず、そのまま放置してしまうことです。
先述したストレスホルモン「コルチゾール」にしても、ストレスを感じて一時的に分泌量が増加することは普通の現象ですが、これを放置してしまうと、やがて心身に重大なストレス反応を引き起こしてしまうのです。

近年、メンタルヘルスに関心を寄せる人が増えたこともあり、ネット上などでは様々なメンタルケアの方法が紹介されています。
中には、初心者には難易度の高いテクニックや、お金や時間をたくさん費やす必要があるものも多く、人によっては実践するハードルが高いと感じてしまうかもしれません。一方、「ポジティブ・メモリーズ」を行うのに必要なものは「過去の良い思い出」だけ。お金も特別なテクニックも必要ありません。しかも、たった14秒でストレスが低減するということが、科学的に証明されているのです。ストレスケアとしてこれほど手軽で、即効性の高い方法は、他にはなかなかないかもしれません。

強いイライラや不安を感じる状況においては、良い思い出を頭の中で思い浮かべるのが難しい場合もあるかもしれません。
そうなった時のために、日ごろから自分にとってポジティブな出来事を強く意識して、良い思い出をストックしておくようにしましょう。

・ポジティブな出来事を日記やメモ帳などに書き残しておく
・良い思い出を呼び起こす写真などのアイテムを常に持ち歩く

日ごろから上記のような工夫をしておくことで、良い思い出がより強く印象に残り、心に余裕がなくなったストレス状態においても、すみやかに思い出せるようになるでしょう。

思い出

ネガティブ思考を捨ててポジティブに

短い時間でネガティブな感情を緩和できる「ポジティブ・メモリーズ」。日々の生活の中で、イライラや不安などのストレスを感じた時に、ぜひ試してみてください。

ストレスを速やかにケアするために重要なのは、自身で何かしらのストレス解消法をもっておくことです。これは「ストレス・コーピング」と言って、メンタルヘルスを正常に保つ上で有効です。

「ポジティブ・メモリーズ」以外にも、手軽にできるストレスケア・テクニックは他にもたくさんあります。自分に合う方法を事前に知っておき、ストレスを感じた時に実践することが、健全で快適な生活を過ごすカギとなるはずです。

Image:Unsplash
Source:
Megan E. Speer,Mauricio R. Delgado
「Reminiscing about positive memories buffers acute stress responses」(Nat Hum Behav. 2017 May; 1(5): 0093)