あなたも今すぐメンタルケア!「フライ・オン・ザ・ウォール」とは

俯瞰

「今すぐにでもストレスを解消したい!」
そう思う人は多いのではないでしょうか?

ストレス社会である現代において、ストレスをすみやかに解消する手段を確保しておくことは重要です。
今回は、ポジティブな効果が科学的に実証されていて、手軽に実践できるストレスケアのテクニックを紹介します。
その名も「フライ・オン・ザ・ウォール」です。

「壁にとまったハエ」になる

この方法は、怒りを感じた時や、イライラを抑えたい時に有効です。
道具や複雑な手順は必要ありません。ただ何かイヤなことが起こった時に、「自分は壁にとまったハエだ」とイメージするだけです。
言葉で説明すると、バカバカしく感じるかもしれませんが、このテクニックはアメリカのオハイオ大学が行った実験によって効果が実証されているのです。

実験では、このテクニックを実践したグループの怒りのレベルが大きく低下し、行った作業の成績が30%改善しました。

このテクニックにおいて重要なのは「自分を外側から見る視点を作り出すこと」。そうすることで、現在の体験と感情との間に距離が生まれ、ネガティブな思考に流されにくくなるのです。つまり、イメージすることは「ハエの視点」である必要はなく、「空に浮いている雲」や「監視カメラ」であっても同様の効果が期待できます。

フライオンザウォール03

目の前の事実を「俯瞰する」ことの重要性

人は怒りやイライラを引き起こすネガティブな事象を認識した時、どうしても目の前の体験に意識が集中し、その状況を冷静に、客観的に把握することが難しくなってしまいます。ひとたびそうなってしまうと、激しい感情が冷静な思考を阻害し、ストレスを感じる状況からなかなか抜け出せなくなってしまいます。

自分の目の前にある状況を外側から見る視点を作り出すことで、事実を客観的に把握し、感情をクールダウンすることができると考えられます。

「フライ・オン・ザ・ウォール」のテクニックは、自分のイメージだけで完結することから、非常に手軽なストレスケアの手法といえるでしょう。
道具を使うことも、声を出すことも、特別な動作をすることも必要ありません。仕事中や誰かと話してる最中、自分がストレスを感じていることを気づかれたくない状況であっても実践できる、非常に有効なテクニックです。

フライオンザウォール 02

ネガティブ思考を捨ててポジティブに

ネガティブ思考から脱却できる可能性のある「フライ・オン・ザ・ウォール」。日々の生活の中で、ちょっとした怒りやイライラを感じた時に、ぜひ試してみてください。

ストレスを速やかにケアするために重要なのは、自身で何かしらのストレス解消法をもっておくことです。これは「ストレス・コーピング」と言って、メンタルヘルスを正常に保つ上で有効です。

「フライ・オン・ザ・ウォール」以外にも、手軽にできるストレスケア・テクニックは他にもたくさんあります。自分に合う方法を事前に知っておき、ストレスを感じた時に実践することが、健全で快適な生活を過ごすカギとなるはずです。

Image:Unsplash
Source:
Dominik Mischkowskia , Ethan Krossb , and Brad J. Bushman
Flies on the wall are less aggressive:Self-distancing “in the heat of the moment” reduces aggressive thoughts, angry feelings and aggressive behaviorJournal of Experimental Social Psychology Volume 48, Issue 5, September 2012, Pages 1187-1191)