あなたも今すぐメンタルケア!「スリー・グッド・シングス」とは

スリー・グッド・シングス

「今すぐにでもストレスを解消したい!」
そう思いながらも、どう対処していいかわからず、日々のストレスをなんとなくやり過ごしていませんか?

イライラや不安などのネガティブな感情からくるストレスを放置すると、やがて心身に深刻なストレス反応を引き起こし、場合によっては「うつ病」などの精神疾患に至ってしまうこともあります。そうならないためには、ストレスを感じた時、可能なかぎり速やかにそのストレスを解消することが重要となるのです。

今回は、メンタルヘルスへの効果が科学的に実証されていて、手軽に実践できるストレスケアのテクニックを紹介します。
その名も「スリー・グッド・シングス」です。

様々な分野で使われる「日記をつける」という方法

「スリー・グッド・シングス」は、ビジネスや自己啓発の分野で有名な「三行日記」や「感謝日記」と共通したアプローチを持つテクニックです。
その方法は極めてシンプルで、

「毎日寝る前に、ポジティブな出来事を3つ書き出す

たったこれだけです。
書き出す内容は、自分自身がポジティブになれる内容であれば何でもかまいません。「家族の機嫌がよかった」や「朝気持ちよく起きられた」など、日常の中の些細な出来事でよいのです。
カリフォルニア大学が行った実験によると、たったこれだけの習慣を10週続けたことで、被験者は25%もストレスに強くなったという結果が出ています。

「スリー・グッド・シングス」には、
・ポジティブな出来事を振り返ることで、幸福感が高まる
・良いことを積極的に見つけるようになり、物事を前向きに捉えられるようになる
・寝る前に決まった習慣を持つことで、カラダが自然と入眠状態に入りやすくなる

など、様々な効果が期待できます。

日記

ただし、最も効果のある頻度については、「毎日続けた方がいい」という意見がある一方、「週に一度の方が効果が高い」という説も存在しており、専門家の間でも意見が分かれるところとなっています。
また、メジャーな手法であるために、様々な見地から数多くの研究が行われており、「幸福度に及ぼす影響はごくわずか」という専門家もいます。数々のビジネス書や自己啓発書などで推奨されている方法だからといって、魔法のような素晴らしい効果は期待しない方が良いかもしれません。

とはいえ、「スリー・グッド・シングス」が様々な効果が期待できる手軽なストレスケアの手法であることには違いありません。
時間や費用がかかる方法でもないので、まずは自分が続けやすい頻度で、気楽に試してみてはいかがでしょう。

「ポジティブ」を見つける感覚を磨く

世の中には、様々なストレスを抱え、鬱屈とした気分で毎日を送る人がいる一方、何事にも前向きで、はたから見てもわかるほど幸福感に溢れた人もいます。前者と後者の間には、いったいどのような違いがあるのでしょう。もちろん、性格や生活環境、立場による違いもあるでしょうが、もしかしたら、幸福感の高い人は「ポジティブな出来事を見つけるのが得意な人」なのかもしれません。

多くの人は、どうしても「ネガティブな出来事」の方が強く印象に残り、何度も思い出してしまうことで、ついつい思考までネガティブな方向に偏ってしまいます。そんなネガティブ思考を抑制し、物事を前向きに捉えるには「ポジティブな出来事に目を向けよう」という意識を持つことが重要になるのです。

「スリー・グッド・シングス」は、ポジティブな出来事に意識を向ける訓練になり、これを習慣とすることができれば、常に物事を前向きに捉えられるストレスに強いメンタルを手に入れることができるかもしれません。

ポジティブ

ネガティブ思考を捨ててポジティブに

自身の幸福感やストレス耐性を高める効果が期待できる「スリー・グッド・シングス」。日々のストレスに負けない強いメンタルを手に入れたい方は、試してみてはいかがでしょう。

「スリー・グッド・シングス」以外にも、手軽にストレスをケアしたり、ストレス耐性を高めるためのテクニックは他にもたくさんあります。自分に合う方法を事前に知っておき、日々の生活に取り入れることが、健全で快適な生活を過ごすカギとなるはずです。

Image:Unsplash
Source:
Jeffrey J. Froh , William J. Sefick , Robert A. Emmons

Counting blessings in early adolescents: An experimental study of gratitude and subjective well-being

(Nat Hum Behav. 2017 May; 1(5): 0093)